« 広範囲に広がるうつ病 | Main | 正義の裁き? »

2004.07.03

意味不明の外来語

意味分からず困った78% 外来語、高齢者ほど戸惑う


 調査は昨年10-11月、15歳以上の4500人に面接し、約3100人が回答した。
 外来語に困ったことが「しばしばある」と答えたのは全体の24%、「時々ある」は53%。世代別にみると「しばしば」と答えたのは40代までは10%台だったが、50代でほぼ4人に1人の23%、60歳以上は3人に1人強の割合に増える。
 今以上に外来語が増えることには「好ましくない」「あまり好ましくない」が55%で、「好ましい」「まあ好ましい」の37%を上回った。
 「外来語を使う方か」との問いに「使う方」は16%。「使わない方」が60%と多数派で、60歳以上は80%に上った。

IT業界なんて外来語だらけだがきちんと意味わかって使っているのかなぁ。
最近聞いた言葉で意味不明だったのはコアコンピタンス。

ほんと、日本語で書ける言葉は日本語で書いた方がわかりやすいと思うのはIT業界では異端なのでしょうか。

まあ、コンサルティングだとか、プレゼンだとか、カタカナを並べておくとその意味がわからないけど見栄っ張りなおじさま方には、なんだかすごそうに聞こえるのかも知れません。けど、それは受注に直結しないわけだったりして:p

|

« 広範囲に広がるうつ病 | Main | 正義の裁き? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41107/2538069

Listed below are links to weblogs that reference 意味不明の外来語:

« 広範囲に広がるうつ病 | Main | 正義の裁き? »