« 平和主義国家を目指すと言うこと | Main | 都会の犬と、田舎の犬 »

2004.07.10

せめて、人間らしくあるということ

自分は人間らしく生きているか、心のままに生きていけるか、真実を曲げずに生きていけるか、信念を持って生きていけるか。

以下は森 達也氏のDVDと書籍です。
幹部逮捕後のオウム真理教にジャーナリストとして取材を許可され、撮影したドキュメンタリー作品です。非常にすばらしい。なぜ彼らは世の中を捨て、オウムに走ったのか。
今まで当たり前に思ってきた価値観を大きく揺さぶられる箇所が多々あります。

最近はレンタルにもでているようなので、社会に疑問を持っている方、是非見て感想を頂きたい。

『A』

『A2』

『世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい』森 達也 (著)

森達也公式サイト

|

« 平和主義国家を目指すと言うこと | Main | 都会の犬と、田舎の犬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41107/2538140

Listed below are links to weblogs that reference せめて、人間らしくあるということ:

» 東京流れ者、(3) [盲目のパントマイム]
[目次へ] IE以外のブラウザの方はこちら... [Read More]

Tracked on 2004.07.12 at 00:46

« 平和主義国家を目指すと言うこと | Main | 都会の犬と、田舎の犬 »