« 参議院選挙の投票に行ってきました。 | Main | 投票率低~ »

2004.07.11

平和への宣言を

【憲法】なぜ、憲法をリセットしなきゃならないのか?
by 改善案まにあ

上記ブログに第二次大戦についての解釈がかかれていました。

「侵略したのではない」と主張するのは、明らかに不正確だと思う。
個人的には、
「本来の目的は自国を守るためにも、アジアを強化する事が必要であり、
 そのために中国と韓国の近代化を求めたが、全然聞かないから、
 武力で封建的政権を倒すのを手伝った。
 元々は、彼ら自身で政権を作らせ支援するはずだった。
 だが、インドを併呑した英国が迫っていたから、精神的余裕が
 なかったため、当初の予定に反し(伊藤博文が出てくるまでは、
 確かに近代化・立憲君主化させようと考えていたように思う)、
 植民地化してしまったのであり、全部日本が悪いわけではない。
 だが、手段として植民地化し、反発した他国民を虐待・虐殺したのは
 事実だから、その点で謝罪その他しなければならない事は多々ある」
と言うべきだろうと思う。

これは同意できる部分が多い。というのは当時は欧米列強の中で、アジア諸国は次々と植民地化されていた。日本にはオイシイ資源が乏しいからかどうか知らないが、この時代に欧米列強に軍事力で対抗できたのは、アジアでは日本だけなのではないだろうか。朝鮮半島には北からロシアが迫ってくる、南からは欧米諸国が迫ってくる。当時の東アジアはそういう情勢だったのだ。

もちろん、そもそも戦争は良くない。そして、日本の戦略とプロセスも良くなかった。それが故に、未だに中国や韓国では反日感情が多い。けれど、そういう感情を未だに引きずる状態を生んでしまったのは、独立国家日本としての外交の下手さ加減にあったのだと思う。たとえば靖国参拝を意固地になって正当化したりすることはないと思うのだ。

現在の日本国憲法はアメリカからの押しつけという見方もあるようだ。けれども、日本の憲法は戦争をしないとしっかり明記した、当時としてはすばらしいものなのだ。憲法の所々に、現状と合わないところがあるなら、それは改善しても良いと思う。でも平和についての記述、その部分だけは絶対に変えてはいけないと思う。

日本は少しアメリカから距離を置いて、その分アジアに対して謝るべきところは謝ってけじめをつけ、もっともっと積極的に友好を深めていくべきだと思う。そして日本の憲法9条の考え方を、アジア諸国に広め、武力放棄の地域にしていくことが日本の取るべき外交政策だと思う。

そして核についても、日本は地球上で唯一の被爆国なのだから、核を持っている国に対しては断固とした態度を取るべきだ。その国にはアメリカも含まれる。侵略されそうだから、侵略されないように武装する、というのは20世紀の考え方だ。21世紀は、おたがいに侵略などせず、武器を無くし、お互いを尊重し合う、そういう協調の世紀になって欲しい。

日本は自称世界の警察であるアメリカに迎合するのではなく、独立国家日本として、武力を持たない、非核三原則を厳守し、他国に対して主張する。そんな方向へ行った方が良いと思う。そういった宣言を大々的に行っても良いと思う。多国籍軍に参加することが国際貢献ではないと思う。多国籍軍などいらない世界を提案していくのだ、たとえそれが理想論で嘲笑されても、必ず賛同する国や人はいるはずだ。根本的には、だれも殺し合いなど望んでいないのだから。殺し合いを望むのは殺し合いで得する人たち。戦争放棄を宣言することで、賛同する人、反対する人、それぞれを見極めるだけでも有意義なことだと思うのだが…。

さて、アメリカのやっていることは、70年前に日本がやったこととどこが違うのか。ありもしない大量破壊兵器と、満州事変とは何が違うのか。きちんと俯瞰する必要がある。

|

« 参議院選挙の投票に行ってきました。 | Main | 投票率低~ »

Comments

TBありがとうございます。
ちゃんと本読んで学んでないところが多いので、説明し尽くせないのですが、感情的になって「自分達は正しかった」と言い張り出す人々の気持ちは、「アメリカ=総て善、日本=総て悪の図式に毒されている」という怒りから来ているだろうと思います。
非核三原則は、大切ですよね。

Posted by: りーと | 2004.07.11 at 17:09

キリスト教原理主義的な善悪・正邪で物事を判断するのが今の米国の首脳陣でしょうね。それに追従しちゃったのが小泉さんで、、。
たしかに二元化するのは思考としてはとても楽なんですよね。2択クイズが簡単なように。

テロには屈しない、じゃあテロってなによ?アメリカがテロだと言ったらテロだ。という【メモ】リ不足な小泉さん。

Posted by: カワケン | 2004.07.12 at 06:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41107/2538148

Listed below are links to weblogs that reference 平和への宣言を:

« 参議院選挙の投票に行ってきました。 | Main | 投票率低~ »