« 鳩ぽっぽ | Main | アジアカップ決勝進出 »

2004.08.03

役に立たないと感じて当たり前。

理科は実生活で役に立たない?
by スラッシュドット ジャパン

調査は小学6年生約3,800人(2004年2月)、中学3年生約2,800人(2003年11月)に対してそれぞれ実施され、「学習内容が生活の中で役に立つと感じることがあるか」との質問に、「ない・どちらかといえばない」との回答が小学6年は理科38.9%、社会29.8%、国語22.9%、算数12.8%、同様に中学3年では理科53.2%、英語34.3%、国語33.5%と、いずれも理科が他教科を大きく上回りました。

義務教育は、考える基盤を教育する場なので、教育を受ける当事者にとって直接的に役に立たないのは当たり前。次のステップに進んでみて初めて重要性がわかるもの。文系大学に進んでも、統計学などで数学の知識が必要なこともあったりするし、大人になって、旅行をしたときに、「ああ、社会を勉強しておいて良かった」とか、ガーデニングするときに「あーこれ理科でやったなぁ」と感じたりすることもある。

"しかし一方で、理科を「好き・どちらかといえば好き」と答える生徒は小学6年72.1%、中学3年69.5%と全国平均を上回っており、県教委義務教育課は「一概に“理科離れ”が進んでいるとはいえない。

それに、役に立たないことほど、おもしろいことなんだから。トリビアだってさ。

|

« 鳩ぽっぽ | Main | アジアカップ決勝進出 »

Comments

三十路にして、統計学やると、こんな感じですわ。ご参考までに。
http://naokoueda.cocolog-nifty.com/eschool/cat1329466/index.html

Posted by: なんちゃって系 | 2004.08.04 at 11:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41107/2538242

Listed below are links to weblogs that reference 役に立たないと感じて当たり前。:

« 鳩ぽっぽ | Main | アジアカップ決勝進出 »