« XMLDBについての認識報告 | Main | さとうきび畑の村の戦争~新史料が明かす沖縄戦の悲劇~ »

2004.08.04

デジタルデバイドとかインフラ格差とか

IP電話とNTT分割と郵政民営化
by 週刊!木村剛
に引用された。あは。

田舎の一人っ子な自分としてはいずれ田舎へ帰るわけで、そのとき公共のサービスがどうなっているのかっていうのがなにげに関心事。
いや、ネット依存なせいもあって、ほんと田舎帰ったら暇でしかたなくて。たいてい上野で2,3冊本を買っていくわけです。コンビニも自転車か車で行かなきゃだし…。

NTTにしても郵政にしても、社会基盤となっているサービスを民営化して競争社会に放り込めば、経営の合理化がされて、いいこともあるのだろうとは思うのですが…。でも、合理化するということは、採算がとれる事業を重視して採算がとれない事業を切り捨てることになりはしないかな。や、まあJRやNTTのように、法的な取り決めが行われてその辺は配慮されるのであろうけれども、それでも都市と地方の格差が広がることを危惧しないわけにはいかない。しかし、なにせ「やったもん勝ち」政策な小泉さんなだけに空恐ろしい気もするのです。

ほんと、東京23区で生まれ育った人には理解するのは難しいのかもしれないけれど、いまだに五右衛門風呂や、井戸のポンプがある家が日本にも存在してて。となりの家までたんぼ道で数十メートルとかは当たり前。そういうところにサービス提供するっていうのは、ふつうの企業だと難しいよねぇ。

1票の格差の問題と同様に、人口密度が非常に高い東京および都市部と、それ以外の地域でサービスの質の格差をどれだけ小さくできるのだろう。そこにニッチマーケットが開けるのだろうか。って、もしかしてなにかビジネスチャンスがあったりする?

ちなみに2000年ごろのインターネット普及率は東京と神奈川だけ色が濃い(利用者が多い)です。
サイバービジネスの法則集 デジタルデバイド

あと、あんまり関係ないけど、JRの職員って私鉄の職員と比べると対応が悪い。NTTもそう感じる。未だに国営時代からの職員が居て、さらにその職員によって教育されているわけだから、なかなか企業風土は変わらないのでしょうね。みどりの窓口の対応のぶっきらぼうなことと言ったらありゃしないよ。カード払いしようとしたら最初からやり直せだのなんだの…ぶつぶつ

|

« XMLDBについての認識報告 | Main | さとうきび畑の村の戦争~新史料が明かす沖縄戦の悲劇~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41107/2538247

Listed below are links to weblogs that reference デジタルデバイドとかインフラ格差とか:

« XMLDBについての認識報告 | Main | さとうきび畑の村の戦争~新史料が明かす沖縄戦の悲劇~ »