« バス猫2 | Main | アメリカ流の民主主義 »

2004.10.18

超低空飛行ジャンボ機

ジャンボ機、都心を超低空飛行 9月
by asahi.com

 国交省などによると、同機はバンコク発羽田行きで、同日午後に羽田空港で乗客を乗せ、タイ・プーケットに向かう予定のチャーター便だった。低空飛行当時、乗客は乗っていなかった。

 同機は同日午前0時14分、東京湾上の高度約1200メートルを飛行中、羽田空港の管制官から、視認進入の許可を受けた。視認進入は計器着陸装置に頼らず、機長が滑走路を目視しながら着陸する方法で、当時は天候が良く、この方法がとられた。

 1分後に同機は同空港の管制官から着陸許可を得たが、羽田には向かわず、同17分ごろ荒川河口上空に到達。さらに日本橋や東京タワー、JR品川駅付近を高度600~400メートルで飛行し、24分に羽田空港に着陸したという。

 オリエント・タイ航空側は国交省に対し、「乗務員は日本上空を飛行する際の注意点をきちんと把握していなかった」と謝罪したという。

 国交省は「機長も管制官にも、航空法上の違法行為はないが、大型機が都心部の低空に入り込むという極めて異例の事態。関係者から詳しく事情を聴き、再発防止に努めたい」としている。

まじこわ、400mって東京タワーの頭上70mぐらいっしょ。
米とか、ほかの国だったらテロだと思われそう。

|

« バス猫2 | Main | アメリカ流の民主主義 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41107/2538421

Listed below are links to weblogs that reference 超低空飛行ジャンボ機:

« バス猫2 | Main | アメリカ流の民主主義 »