« Opera CEO、大西洋横断のチャレンジ終了 | Main | 席を譲らなかった若者 »

2005.04.26

ゲーム脳

リンク: ZAKZAK.

 【ゲーム脳か】  「ゲーム脳の恐怖」の著書で知られる森昭雄・日大教授(脳神経科学)は高見運転士の行動をこう分析する。  「高見運転士は過去3回も乗務員として重大なミスを犯しながら、自身で再発防止ができておらず、注意力が散漫な印象を受ける。伊丹駅でのオーバーラン後、指令の呼び出しに応答がなかったのも、故意であるとすれば、大事な場面で倫理的な行動がとれず、キレやすいというのはゲーム脳の特徴とよく似ているともいえる。JR西榬t;/p>

ZAKZAKですが。
『ゲーム脳の恐怖』のアマゾン評価はちなみにこんな感じ。

ゲーム脳の恐怖
森 昭雄

おすすめ平均
小学生の子供に理解し納得させられるか?
悪意の書
違う見方で
一口に医学博士といってもレベルに差があるみたい
やりすぎはダメ。当たり前

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

リンク: トンデモ『ゲーム脳の恐怖』(1)[www.tv-game.com].

上記サイトでは

『ゲーム脳の恐怖』(森昭雄/NHK出版)について、2ちゃんねるなどいくつかのサイトで、「これはトンデモ本だ」という意見がみられる。

として検証しとります。

ゲーム脳!ゲーム脳!ゲーム脳!なんでもゲーム脳!

|

« Opera CEO、大西洋横断のチャレンジ終了 | Main | 席を譲らなかった若者 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41107/3870938

Listed below are links to weblogs that reference ゲーム脳:

» M360 percocet. [Percocet extract how to shoot.]
Percocet. Long term percocet withdrawal symptoms. [Read More]

Tracked on 2007.10.04 at 14:54

« Opera CEO、大西洋横断のチャレンジ終了 | Main | 席を譲らなかった若者 »