« GoogleデスクトップサーチとConceptSearch | Main | カエル数千匹が謎の大爆発 »

2005.04.25

ウィルスバスタ障害の件

収束したようで。

ウイルスパターンファイル2.594.00(日本時間:4月23日午前7:33頃公開)へのアップデートにおける、コンピュータのCPUが100%になる現象に関して

本件に関しましてはウイルスパターンファイル2.594.00に問題があり、ウイルスバスター等の製品そのものの問題ではございません。また、平成17年4月23日午前10:51に公開されたウイルスパターンファイル2.596.00及びそれ以降のウイルスパターンファイルにつきましては、本問題は発生いたしません。

トレンドマイクロのパターンファイル問題、ダブルチェックの不備が最大の原因 by CNET Japanによれば以下の通り。

 同社によると、パターンファイル2.594.00から新たに追加されたファイル判定機能に問題があったという。具体的にはUltra Protectと呼ばれる圧縮形式のファイルを解凍、検索するプログラムに問題があった。Windows XPなどではOSの一部にUltra Protect形式のファイルが組み込まれており、2.594.00ではこのファイルをいつまでも検索し続けてしまう無限ループに陥るという。

 しかし一番の問題は、テスト工程に不備があったことだ。通常、パターンファイルを公開する前には製品とOSの組み合わせを確認するため複数のOS上で動作確認を行う。しかし今回はWindows XP Service Pack 2環境におけるテストが人為的ミスにより行われなかった。

#SP2いやーん、とも言える。
以前保守に携わってた業務アプリでもウィルスバスタの使用率が100%になる障害がでて、そのときは手動でユーザ様に対応してもらいましたが。アンチウィルス系アプリはいろんなとこに気を使わなきゃいけないんで大変ですねっていうかきっと儲かってるんだろうから優秀なテスター雇いなさいって。

|

« GoogleデスクトップサーチとConceptSearch | Main | カエル数千匹が謎の大爆発 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41107/3846246

Listed below are links to weblogs that reference ウィルスバスタ障害の件:

» 「ウイルスバスター」ズサンさ浮き彫りに!! [ぬるいSEの生態]
問題が発生したパターンファイル2.594.00には、新種ウイルスの情報に加え、Ultra Protectと呼ばれる圧縮形式で圧縮されたウイルスに対応するための新機能が追加されていたとのこと!! 更に配布前の動作確認テストを怠ったらしい。 え?今は「パターンファイル=単なるTX... [Read More]

Tracked on 2005.04.25 at 13:01

« GoogleデスクトップサーチとConceptSearch | Main | カエル数千匹が謎の大爆発 »