« 体事情 2005/04/25 | Main | ご当地チェック »

2005.04.26

運転手は過去に3度処分、レールに置き石の可能性も

リンク: SANSPO.COM.

 多くの乗客が「ものすごいスピードだった」「ふだんより速かった」と証言。遅れを取り戻すために速度を出し過ぎて、カーブを曲がり切れなかったという見方が浮上。現場は時速70キロ制限だが、設置されたATS(列車自動停止装置)は速度超過しても自動ブレーキがかからない古い型式。急カーブに義務付けられる脱線防止レールは設置されていなかった。

 また、JR西社員によると、最後尾の5メートルほど後方に石が砕けた跡が2-3メートルあるのを確認。砕けた跡の約10メートル先から激突したマンション付近まで約60メートルにわたって枕木に傷が付き、脱線はマンションの約60メートル手前で起きたとみられる。

 置き石の可能性があるが、3-4分前に別の電車が通過した際に異常はなく、県警は脱線との関連を調べている。

 高見運転士は運転歴11カ月。昨年6月にもオーバーランを起こしたのをはじめ、車掌時代に居眠りするなど、これまでに3度の処分を受けていたという。

|

« 体事情 2005/04/25 | Main | ご当地チェック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41107/3862283

Listed below are links to weblogs that reference 運転手は過去に3度処分、レールに置き石の可能性も:

« 体事情 2005/04/25 | Main | ご当地チェック »